バーベルバイセプスカール

  • 英語名: Barbell Biceps Curl
  • 主働筋: 力こぶ(上腕二頭筋)
  • 器具 : バーベル
  • 初心者: YES
  • 難易度: ☆☆☆
  • 効果 : たくましい腕、力こぶのラインを整える

正しいフォーム

解説

  1. バーベルを持ち、肩甲骨を寄せて胸を張りましょう。
  2. ややおじぎをするように股関節や膝を曲げます。これがスタート姿勢です。
  3. 力こぶを意識しながら、吐く息で肘を曲げます。
  4. 丁寧にコントロールしながら吸う息とともにスタート姿勢まで戻ります。

< 注意 >

  • 動かす範囲は大きく
  • 手首を曲げない
  • 無理のない重量を選択する
  • エビ反りにならない

間違い

最初の写真は無理な重さを選んでしまった方に起こりやすいミスです。バーベルも重力の影響を受けているため体を反らせば負荷が逃げます。腰を痛める大きな原因の1つです。

Q & A

EZバーとストレートバー、どちらを選べばいいですか?

Dr.ヘイキ(スポーツ健康科学博士)
EZバーの場合は、力こぶの横にある上腕筋も鍛えられるため一石二鳥の効果があります。手首への負担を考えれば、EZバーのほうが初心者にやさしいと言えるでしょう。」

Mr.ナツキ(パーソナルトレーナー)
「もちろんストレートバーも見逃せません。手首の角度が自然と変わるため、力こぶに効いている感覚が強いです。しかし、フォームが崩れやすい傾向にあり、肘が極端に内側に入ったりして関節に負担が生じるケースが見受けられます。」

参考:
EZバーとストレートバーって何が違うの?

EZバーの正しい持ち方

2018-07-02T21:15:15+00:004月 9th, 2018|