上の画像にはラーメンが写っていますけど、ラーメンは油だけだと思っている人は多いけど、実は消化の速く、脂肪になりやすい炭水化物もたくさん含んでいます。まあ、全粒粉で作られていない麺類は基本的に脂肪になりやすい炭水化物ばかりです。美味しいけどね(爆笑)。

この世の中に二種類の炭水化物があります。炭水化物の評価基準はその消化の速度です。消化の速度が速いければ速いほど栄養に乏しくて太る原因になりやすいです。

消化の速い炭水化物

消化が速いから健康的だと考えやすいですが、実は消化が速ければ速いほど一気に膨大なエネルギーが体内に放出されるから太りやすいです。その膨大なエネルギーはすぐに例えばトレーニグで消費されればそれほど困らないけど、余ったらエネルギーとして未使用のまま細胞に取り込まれます。そして体脂肪に変換されます(泣)。

炭水化物は消化が速ければ速いほど太りやすい

以下の炭水化物はたまには良いけど、本格的な体作りを頑張っている方なら避けるべきでしょう。

  • ラーメン(特にカップ麺や即席ラーメン)
  • 白パン(日本でいう食パン)
  • お菓子(菓子パンやクッキーなどを含む)
  • ドライフルーツ(ジュースがない分、糖分が多い)
  • 麺類(そうめん、うどんなど)
  • マカロニやパスタ(全粒粉ならOK!)

簡単に言えば白い色の炭水化物は避けるべきで、色が濃いものはOK!例えば、うどんや白米より全粒粉パスタや玄米の方が良い