回数が多ければ多いほど良いとみんな思っていますが、実は回数が上がっていけば行くほどフォームも崩れてくる恐れがあります。もちろんそれだけではありません。反動も生まれやすいです。

今日を持って、通常の30回のレッグレイズの代わりに、半分の回数(15レップ)のみ行なって見ました。ゆっくりとやろうとしていたから、やっぱり疲労は蓄積しますね。

筋トレ付きな皆さんも回数や重量ではなくてフォームにこだわるようにしましょう。低い回数や身分相応の負荷を使った方が実は効果的で、怪我防止にもなります。

是非、やってみて下さいね。

PS!私の今日の動画ではまだまだレッグレイズのスピードが早すぎ、これからそれを直して行きます。

Dr.HEIKIヨリ

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

A post shared by Heiki Sooneste (@iiwakenashi) on