EZバーはストレートバーより手首に優しいし、上腕二頭筋(力こぶ)に加えて、上腕筋も鍛えられるから一石二鳥です。しかし、持ち方を間違えると力は前腕に入り、トレーニング効果もその分薄れてきます。 ということで、まずこの素晴らしい筋トレ道具に正しい持ち方、そして正しい使い方を見て行こうね。

EZバーはこのように持つべき

上記の写真は正しくないEZバーの持ち方を示したものです。手は真ん中を握っている為、前腕に力が入ってしまいます。その結果、上腕二頭筋や上腕筋にあまり力が入らず、トレーニング効果が下がります。正しい持ち方は緑色の線があるところに人差し指と親指を置いた握り方です。そうすることで前腕筋の力を借りず、EZバーを持つことが出来ます。

EZバーは前腕の力を使わずに持つべき

EZバーの正しい握り方は人差し指と親指はバーの曲がっているところにおいて握っていけば、前腕よりも上腕二頭筋や上腕筋に力が入ります。その分勿論トレーニング効果も上がります。