目標を達成したら祝った方が良いと言われていますが、今日ジムの会員の方に聞いてみたらやっぱり達成したゴールに寄り切りです。

  • つまり、目標を達成しても祝ったりしない方が良い時があるということですね。

実は私は今日で丁度1ヶ月も甘い物を一個も食べていません。糖分が入っているレモンティーくらいです。私は通常は週に1〜2回はチョコアモンドあるいはアイスを食べていました。

フィットネストレーナーだからと言ってお菓子などはゼロという話はあり得ませんし、みなさんと同じように人間なので食べたくなる時がありますよ。ただし、運動するのが仕事なので、甘い物を食べてもすぐに消費してしまうから問題はありません(爆笑)。

そこで今回「1ヶ月甘いものを全く食べない」というゴールを設定し、今日でそれを達成しました。

まあ、今回気づいたんですが、甘いものを食べずにいることもそれほど難しくありませんよ。誰にでもできます。決めちゃえば良いだけです。

じゃ、なぜゴール達成後に祝うべきではないか?

今回の目標は甘いものを食べないことであったから、祝うべきではないという結論に至りました。私が指導する北欧ジムの会員の方も同感でした。

祝うというのは、1ヶ月も我慢していた甘いものをまた食べることになってしまうから祝うのは今回NG!です。だって、またいつも甘いものが欲しくなるサイクルを再起動させてしまう恐れがあります。

祝ってしまうとまた甘いものを食べたくなってしまう

私はこれからもこの目標を頑張っていきたいと思っています。まあ、食べたくなったらちょっと食べるかもしれません。

ちなみに、8月10日は私にとって重要な日なので、ちょっと食べるかもしれませんが、たくさんは食べないと思います。この素晴らしい目標を1年間も達成できていれば最高ですよね!みなさんも是非頑張って下さい。

では、明日は台風がまた東京あたりに接近してくるそうですが、北欧ジムは絶好調に営業中ですので、いつでも筋トレしに来て下さいね。

Dr.HEIKIより