トレーニングを始めたばかりの方のみならず、すでに筋トレをやっている方に共通する悩みがあります。それは、「プロテインはいつから飲み始めるべきか?」という質問です。要するに「プロテインを飲まずにトレーニングしても効果は出ないのではないか!?」と心配している方が大勢います。

大手スポーツジムに行くと、「筋トレを始めたらすぐにプロテインを飲みましょうよ」とトレーナーさんに勧められることが多いのですが、10年以上もパーソナルトレーナーとして働いてきた私は違う風にアドバイスをしたいです。結論から言えば、本当は運動を始めるタイミングと合わせてすぐにプロテインバーやプロテインを飲まなくても全く問題はありません。だって、体がまだ出来上がっていないからです。

ビギナーは飲まなくて良い

筋トレを始めたばかりの方は、すぐに飲まなくて良いでしょう。なぜなら、トレーニング負荷がまだ軽く、筋細胞がそれほど多くのダメージを受けないため、修復に大量のたんぱく質が必要ではないからです。もちろんこれは通常の食事で充分なたんぱく質(肉、魚、牛乳など)を摂っていることが前提の話です。筋細胞の修復に少量のたんぱく質しか必要としていない時にプロテインを飲むのは勿体ないです!そのお金を貯めておいて、必要となった時に使った方が賢明でしょう 🙂

初心者の中に、筋肉痛が怖くて、それを和らげる目的で飲み始める方もいますが、それはプロテインに期待し過ぎです。プロテインには筋肉を強くかつ大きくする効果はあっても、痛み止めとしての役割はないと思って下さい。やっぱり機械的刺激(トレーニング)に慣れるしかありません。ということで最初からトレーニング負荷をあまり上げなければ、筋肉痛の心配も不要です。

3か月経過してからのほうが効果的!

正しいトレーニングが継続できていれば、だいたい3~4か月でビギナー期が終わり、本格的なトレーニングが始まります。中級者は初心者に比べて筋細胞へのダメージが強く、修復にも多くのたんぱく質が必要となります。ある程度トレーニングフォームが身についてきて、扱う負荷が重くなってから飲み始めたほうがより効果的です。通常の食事は3~5時間後に消化が終わり、筋肉の基となるアミノ酸が血流に乗って、筋細胞へと運搬されますが、プロテインのサプリメントならわずか20~30分で筋細胞の修復に取り掛かることができるようになります。吸収の早いサプリには、細胞の修復を早めたり、促進したりする利点があるのです。

トレーニング負荷が重くなってからサプリは本当の効果を発揮できる

)サプリも重要ですが、まずは高タンパク質の食事と他の栄養素も十分摂るようにしましょう。