このメニューはコンビニで簡単に手に入る食材をメインにしていますので、忙しい方向けです。ただし、自分で作る料理に勝るものはないことだけをお忘れずに。ということで、本格的ならコンビニは本当に一時的な対策にするべきです。習慣ではなくて 🙂

私自身は自炊が基本なので、東京に住んでいた頃に比べてコンビニを利用しなくなりましたが、ゼロではありません。

コンビニで買える食材は限られているので、栄養不足を避ける為に長期間の利用は避けましょう。

1食目@6時00(起床後)

 

バナナ、おにぎり、飲むヨーグルト

2食目@9時00(朝食)

 

おにぎり2個、ゆで卵2個

3食目@12時00(昼食)

 

おにぎり1個、サラダ(ドレッシング無し)、サラダチキン

4食目@15時00(おやつ)

 

ヨーグルト(プレーン)、ナッツ30g

5食目@18時00(ジムに行く前)

 

おにぎり2個、さけるチーズ2本

6食目@21時00(筋トレ後)

 

サラダチキン、サラダ(ドレッシング無し)

アスリートや選手がいつも同じ物を食べている理由

食事内容(食材)や量を同じにすることで、体重コントロールは簡単になりますし、プロのアスリート(特にボディビルダー)やスポーツ選手はみんなそうしています。このやり方はとにかく便利で、効果的です。

しかし、ずっと同じものを食べているとどうしても栄養不足になってしまいます。数日毎に食事の内容を変えるようにしたほうが賢明です。

あと、代謝を上げるには1日に5〜6回くらい食べた方が良いという話は良く聞きますが、それは毎回大きい食事を摂るという意味ではありません。食事の量(総カロリー)は今より増えてはいけませんので、要注意!

朝・昼・夜はちゃんと食べて、そして間食にコンビニを利用すれば、体重コントロールもうまく行きます。

私は東京に住んでいた期間が長かったので、相当コンビニにはお世話になりました。色々試したりしました。もっと詳しく体作りに効果的なコンビニ食について知りたい方は以下の記事も合わせて読むと良いです。