ハサミストレッチ、膝掛けストレッチ

 効く部位:腰、体幹周り

 

何故ストレッチが重要なのか?

 腰痛の改善や予防、トレーニング中の怪我予防の為。

 

フォームとポイント

①ストレッチマットを用意(または畳の上でやります)

 - フローリングだと硬くて体を痛めます

②マットに仰向けで膝を立てて寝る

③お尻を出来るだけ踵に寄せて、足を開く

 - 頭はマットに付けましょう

 

ハサミストレッチ

④脚を左右に倒していきます

 - 早くやり過ぎず、脚を出来るだけ床に近づけるように伸ばします。脚を倒した時に腰とコアをしっかり伸ばし切りましょう。

 

膝掛けストレッチ

⑤足首を反対の脚の膝に乗せます

 - スネの部分ではなく足首を膝に乗せます。掛けた脚が重りになるので脚を倒しやすくなります。⑥脚を左右に倒していきます

 - 脚を倒した時に腰とコアをしっかり伸ばし切りましょう。倒す方向が逆にならないように注意しましょう。脚を掛ける時に、ストレッチする側の脚を下げようとする方がいますが、そうすると伸ばす距離が短くなるので、脚はなるべく下げないようにしましょう。

 

 

ハサミ、膝掛けの共通の注意点

 - 肩がマットから浮かない事。肩がマットから離れてしまうとしっかり伸ばし切れません。

 - 硬い方は脚が床まで付きませんが倒せるところまででOKです。無理に伸ばすと故障に繋がるので注意しましょう。

 - ストレッチ強度は ハサミストレッチ < 膝掛けストレッチ なので、必ずハサミストレッチから始めるようにしましょう。膝掛けストレッチから始めると腰を痛めたり、ぎっくり腰になる恐れがあるので順番には気をつけましょう。