野菜や果物は大量に食べる必要はありませんが、1日に2〜3回好きな野菜あるいは果物を食べるだけでもかなりの効果は期待できます。

(注)順序不同に書いていますので、ここが最強の野菜と言うのはありません。みんな同じように大事で、季節に合わせて食べていけば問題無し。

パインアップル(芯も食べられるよ)

僕が一番食べている果物はパインアップル。他のフルーツに比べてパインアップルは無敵です。まずは食物繊維も多いし、ジューシーだし、ラップしたまま1週間以上冷蔵庫で持つから便利です。僕のとって1個は約1週間分ですね。

パインアップルは食物繊維が多い

僕は写真のようにパインアップルを輪切りにし、そしてその半分をラップしています。それが僕の1回分です。

)日本人の方はあまり芯を好まないけど、食べると歯も強くなるし、食物繊維も豊富なので、とてもオススメです。

メロン(長持ちはしなけど、美味しい)

日本のメロンは小さくて可愛い!あまり長持ちはしないから、食べる頻度が低い果物です。食べるときは1個を頑張って食べていますが、家族のいる方なら全く問題はないので、ぜひメロンも献立に入れて見てください。

メロンもたくさん食物繊維を含んでいます

メロンを食べる理由は食物繊維と消化の良いからです。例えば野菜の準備が間に合っていない時にメロンが便利です。なんの準備もなくすぐに食べられるからです。

)余談ですが、エストニアで売られているメロンは日本のでっかいスイカみたいに大きくて、ラグビーボールと同じく円形の形をしています。

オレンジやミカン(ビタミンC源)

僕はみかんとオレンジの両方が好き!オレンジとみかんはビタミンCを含んでいるから朝食べたりしています。朝食と一緒のタイミングにしています。口直しにもなります。

オレンジにはたくさんビタミンや入っていますよ

最近のオレンジはたくさん食べると歯がしみる感がするので、みかんを好んでいます。特に年末年始は肉のハナマサに行くと、10キロのみかんは数千円で売っているから、喜んで食べています。

)みかんや人参をたくさん食べると肌が黄色くなるので、要注意です。

キウイ

生で固い奴はバナナと一緒においておくと凄く美味しくなりますので、スーパーで固いのしか売っていない時は遠慮せず、バナナと一緒に買い込んで下さい。

キウイはビタミンCを含んでいます

黄色いキウイは大きくて、とても甘いです。今はそれしか買わないです(爆笑)。

バナナ

いや、さつま芋と同じくらい優れているエネルギー源です。朝起きた直後と運動直後や運動前のシェークにバナナを一本使っています。ということで、運動のある日には2~3本は食べています。

朝起きた直後と運動の後にバナナを一本食べています

シェーク用と運動直後にかなり熟したバナナが好きです。お店で熟している物が売っていないので、まだ緑の時に大きい房を買って、家で数日間置いておくと黒いぶつぶつが現れ、とても美味しくなります。

トマト

トマトは寝る前にヨーグルトと一緒に食べることが多いし、そのまま朝食に副菜として取り入れる時もあります。

トマトは鉄分が不足している人にお勧め

夏は塩を掛けて食べれば、塩分不足による筋痙攣なども防げるから特に夏にお勧めです。

さつま芋

エネルギーの神様!玄米もエネルギー源として良いと言われているが、サツマイモに勝るものはありません。日本に来たばかりごろはさつま芋が食べられなかったです。甘いから(笑)。

さつま芋は食物繊維も豊富で血糖値が急激に上がらないエネルギー源

さつま芋を食べれば、急激な血糖値の上がる心配もないです。

アボカド

私にとってアボカドは健康的な油源です。バナナと一緒にシェークにし、トレーニング前に飲んでいます。

アボカドは健康的な油を含んでいます

アボカドは最高

セロリ(生でOK)

セロリは旅行や長く外出する時に便利な野菜
セロリは僕が一番好きな野菜の一つです(日本では値段は高いけど)。その理由は手軽さと食物繊維の豊富さです。外出する時や旅行する際に、サランラップに包んで持っていきます。冷蔵庫だとラップしたままなんと1週間持ちます。

(※)僕は基本的にセロリをそのまま生で食べています。

パプリカ(生でOK)

パプリカは僕にとって野菜というより果物かな〜
セロリと同じようにパプリカは生で食べています。ジューシーだから美味しいです。ただし、結構臭うので、あまり外で食べない方がいいかもね

(注)僕がまだ都内の大手フィットネスクラブに勤務していた頃、生のパプリカを食べる外人として休憩室で有名になったくらい食べていました。

人参(生でOK)

ニンジンを食べ過ぎると肌が黄色くなります
私にとって日本の食べ物は柔らかすぎます。そのために、歯もエストニアにいたごろに比べて弱くなっているし、噛む力も劣ってきました。生ニンジンを食べればある程度その問題を解決できます。

(注)バターあるいはオリーブオイルと一緒に食べるとビタミンAの吸収も高まります。

大根(生でもOK)

僕は生の大根をそのままかじったりしています
PS! Pane siia PIC, kus sa tegelikkuses ka seda sood

僕は生でもOKと書いたが、大根って意外と辛いので生だとあまり量は食べられないね。僕にとって大根はラディッシュのようなものなので、スライスして全粒粉パンに載せたりすることもあります。結構欧米風な食べ方だけど、やってみてくださいね。

あと、他の野菜と一緒に鍋て煮込んで食べたりもしています。

エリンギ(食物繊維が豊富)

エリンギは炒めるより、スチームした方が良い
日本に来たばかり頃食材すら分からなかった僕はあまりキノコに興味はなかったです。ところが、献立用の食材の種類を増やそうと思ったことが切っ掛けでキノコ類に興味を示すようになりました。

スーパーで売られているキノコの中でやっぱりエリンギが一番食べやすくて、食物繊維もとても多いです。

他の野菜と一緒に鍋て煮込んで食べる時もあるが、基本的にスチーマーを使って4分間スチームをして食べています。

ブロッコリー

僕の茹で方が悪いのか、いつも少し苦味が残ります
世界中のフィットネスピープルやボディビルダーは結構な量のブロッコリーを食べていますが、私自身はそうでもありません。

まず、ブロッコリーは値段が高い割には小さいので、代わりにカリフラワーを買うことがあります。

あと、私はスチームで調理していますので、スピードが早いけど、いつも少し苦味が残るのが難点です。

いちご(ビタミンC源)

ビタモンCが豊富
いちごはいくつかのミネラルやビタミンKも含んでいますが、ビタミンCの出所として最も有名です。なので、朝食べた方が効果は高いです。

スーパーで安くなっている時にしか僕はいちごを買っていませんが、食べる時は10〜15個くらい一気に食べています

(注)生の卵白と一緒にミクサーに掛けると面白い味のスムージができますよ。

りんご(食べ過ぎに要注意)

スーパーで売っているりんごは皮を剥いた方が良い
果物を食べたくなったら、りんごがとても良い選択肢です。ナイフで1個を半分に切って置けば、2食分簡単に用意できます。ラップすれば数日持ちます。

(注)りんごを一気にたくさん食べるとお腹が緩くなるので、量に要注意!

梨(甘くて美味しい)

それほど食べてはいないけど、スーパーで旬のもので、安く変える時には日本の梨を買っていますね。リンゴのように大きくて、甘いし大好きです。

柿は食物繊維が豊富

柿は食べやすいし、美味しい上の食物繊維が驚くほど多いです。私は野菜を作る暇がない時に柿ばかり食べています。私がいつも作っている野菜スープと同様の効果があります。