最新のトレーニング方法や手段より重要なものがあります。それは、

POINT #1:あなたはどれくらい本気でしょうか?

本気であれば本気なほど頑張れるし、成功する確率が高くなります。例えば、私が今まで指導したお客様の中にこれくらい本気な人がいました。

【25歳の外国人男性】ジェクサー上野店で私のトレーニング指導を週3回のペースで60分のセッションを受講。土曜日も仕事が忙しく、あまり時間が取れないが、昼食の時間に会社をでてトレーニングをしに来ていました。私のトレーニングに加え、24時間営業のジムでほぼ毎日有酸素運動も行いました。このすざましい努力の結果、たった8ヶ月でなんと13.5キロも減量することに成功しました。この例はやや極端かもしれませんが、少しでもやる気になっていれば、1ヶ月に2キロの減量は誰にでもできます。

やる気スイッチがまだ入っていない人は、運動習慣の定着を目標にすると効果的です。

POINT #2:ダイエットの方法は間違っていませんか?

痩せようとする人が近道だと勘違いしていることがあります。食事制限や長時間にわたる有酸素運動(ランニングやバイク漕ぎ)です。これらは非効率的であり、体脂肪だけではなく、筋肉を分解して体重を落とす短絡的なやり方に過ぎません。はじめの内は少し効果があっても、数週間のうちに頭打ち状態になってしまうでしょう。食事制限や極端に運動量を上げるということは正しくないやり方であり、長続きもしないでしょう。信じられないと思うかもしれませんが、減量をする人は食事の回数を増やし、1回の食事量の全体を少し減らすだけでも効果は絶大です。こうした方法で基礎代謝がアップし、無理なく続けられるメリットがあるのです。

遺伝や個人差も重要か?

よくメディアの宣伝にも小さな文字で「個人差による」と書かれていますが、それは効果のない商品に共通する表記だと思ってください。やり方さえ間違っていなければ、個人差や遺伝に関係なく誰でも痩せられますので、心配無用です。

「私は痩せない体質!遺伝的に痩せられない」と思っている方は、やり方に問題があるはずです。