体重の正しい測り方

トレーニング効果を計るために最も手っ取り早い方法が体組成計です。体組成計は体脂肪率や筋肉量が分かる体重計のことを指します。家庭用に普及している機種では、スマートフォンと連動して使えるモデルも登場し、価格も1万円程度となっています。

 

なぜ、体組成計?

理由はとても単純で、自分の体を構成している組織の量を知ることができるからです。体組成計では体脂肪率や部位別の筋肉量までわかります。体重にこだわる女性も多いのですが、体重だけでは何の指標にもならず、その人が太っているかどうかの判断もできないのです。ボディタイプによってもだいぶ違うのですが、体重よりも体脂肪率を見るべきです。体脂肪率と筋肉量をみれば、その人の健康状態がすぐにわかります。

 

体組成計のタイプ

  • グリップを握って測定するタイプは、手軽に使えて便利なのですが、電極が流れる部分が腕や上半身なので、他機種に比べると信頼度は低く、低価格です。
  • 電極に足を乗せるモデルは普通の家庭用の体重計のような形をしていて、乗るだけで体脂肪率と筋肉の量が測定できます。データの信頼度は、グリップを握るタイプよりも高いでしょう。
  • 上記の2つを合わせたような体組成計は、手と足の両方が電極に触れるため、信頼度が高く、家庭用のほか、様々なジムでも業務用の機種が活躍しています。
  • 継続的に運動の成果を測りたい人にオススメです。

 

体組成計の仕組み

体組成計は手と足を通して、微量の電気を体内に流し、その電気抵抗をもとに体脂肪率や筋肉量などを推定します。あくまで推定値であるため、時間帯や機種によって差が生まれるのは当然ですので、あまり測定結果に一喜一憂する必要はありません。信頼できる数値を得るためには、毎回同じ時間に測ると良いでしょう。

 

正しい測り方に関する注意点

  • 乗る前にタオルで体組成計の電極の部分と足裏を拭きましょう!埃などが付いていると結果に影響することがあります。
  • 体内環境の変動による誤差を防ぐため、できる限り毎回同じ時間帯に計るようにしましょう。一番正確な値が得られるのは、朝起きた直後です。
  • 体重や体脂肪率は体内水分量により、時間帯でだいぶ違ってきます。つまり、朝に測定したデータと夜に測定したデータを比べる意味はありません。
  • 身長は毎回同じ数値を用いるようにしましょう。体組成計に乗る度に測り直す必要はありません。夜の方が身長は約1センチほど縮んでいるのですが、それは重力による影響に過ぎません。
  • ジムで測定をするのであれば、必ずトレーニング前にしましょう。トレーニング後では水分補給や発汗によって体内水分量のバランスが崩れ、正しい値が得られません。体脂肪がトレーニング後にどれくらい減ったかどうかを確認する目的で測定する人も見かけますが、1回のトレーニングで燃焼できる体脂肪はほんのわずかなので、あまり意味をなしません。
  • 体重より体脂肪率で判断しましょう。体重は体脂肪が減ったかどうかを示す数値ではありません。運動前後に起こる体重の変動は、体脂肪率の減少によるものではなく、体内に含まれている水分量の変化によるものだということを覚えておきましょう。
  • スタートとゴールを比べるだけでは本当の変化に気づかず、誤った結論に至る場合があります。測定をし、途中の経過をみるべきです。その結果から、様々な対応策がわかることもあります。自分の体の経過を定期的に測定し、グラフにしても良いでしょう。

 

体脂肪率や体重の変化を見るにはグラフが便利

測定する時の体内状態は毎回同じとは限らないために、ビフォー/アフターのデータをそのまま比べるよりも、グラフ化することをオススメします。これで一定期間内の体脂肪率の変化や傾向がわかるからです。スマホ用に開発された便利なアプリも多いのですが、Dr.ヘイキは統計分析まで可能なエクセルを使用しています。

体重の変動を見るには、グラフが一番便利です

体脂肪率の変化を見るには、ビフォー/アフターのデータだけでは不充分。どのような傾向にあるかを判断するにはグラフが便利です。グラフの赤線は体重の減少傾向を表しています。
2017-03-14T16:34:07+00:007月 4th, 2016|