英語名: T bar squat
主働筋: 大臀筋/大腿四頭筋/ハムストリングス
器具 : パワーラック/Tバー
初心者:
難易度:
効果 :

 

注意

肩が弱い方、肩が痛い方、相撲スクワットで腰が痛い人向けのトレーニングです

 

準備

Tバーのセットの仕方

 

Tバースクワットの正しいフォーム

1. Tバーを両手で持ち上げ、指が天井を向くように持ち替え直立します

  • 両手が隣り合うようにTバーを持ちます。
  • 手はTバーの端を持つようにします。端をカバーするように持つ事で、腕を曲げた時にT バーが顎に当たるのを防ぎます。
  • 両手は重ねないようにして持ちます。重ねると手からTバーが落ちる可能性があり危険です。
  • 肘は広げず、体に近づけます。

2. 足は腰幅か肩幅にします(スタートポジション)

  • 爪先は前に向けます。
  • 体は少し前に傾き斜めになります。
  • 肘を曲げて、Tバーの先端が体に当たるようにします。Tバーと体が離れすぎないようにします。

3. しゃがみます

  • 下で一瞬止まり、反動を使って上がらないようにします。
  • 下までしゃがんで骨盤が前にいく(猫背になる)場合は、腰を真っ直ぐキープできる位置までしゃがみ込むようにします。

4. 膝を伸ばして腰を持ち上げスタートポジションに戻ります

  • 膝と腰は伸ばし切ります。

5. 繰り返します

 

片付け

Tバーの戻し方