自分の体重が気になるけど、体重計に乗るのが怖いという経験はありませんか?

みんな体重は真実を語っていると思っているけど、本当はそうではありませんし、太っているかどうかの判断基準にもなりません。

体重より重要なのは体脂肪率と計るタイミングです。

体重は日時によってかなり変動するものです
体重を間違ったタイミングに計らないこと
もちろん、いつでも体重計(体組成計)に乗っても問題はないけど、得られる数値は信頼できるものほうが良いですよね。

まず、トレーニング前後に体脂肪を計る人は多いようですが、あまり意味はありません。ガッカリするだけです。

「運動したのに・・・なんで減っていないの!」、「えええ、運動前よりも上がっているじゃん、なんで・・・」と良くあることです。

運動前後に計るとガッカリするだけ
数時間運動しても、体重と体脂肪率はそんなに変わりません。そもそも運動中に利用するエネルギーは体脂肪ではなくて、血中グルコース(炭水化物)ということもあり、消費したエネルギーの分すぐに体重が軽くなることはありません。

数時間の運動でも体重は変わらない
運動後に体重が上がることも良くあります。理由は爆笑するくらいシンプルです。

水分の変動です!
運動中に行う水分補給や発汗が原因です。物理的に体重はもちろん上がっていませんし、下がってもいませんので、ご安心ください。

体重を計るに最適なタイミング
体重と体脂肪率を正確に測るには、毎回同じ時間に測るのがベストです。

測定に最適な時間は起きた直後です。朝起きた直後だと体内の状況は毎回ほぼ同じだと考えても大丈夫です。みんなだいたい同じ時間に寝たり、起きたりするから信頼性が一番高いです。

起きた直後に計るのが一番
その他の時間帯も再現性はないことはないけど、一番正確な値が欲しい人は起きた直後に計るべきです。

ところで、測定の時間が違い過ぎる測定の仕方はやめた方が良いです。なぜなら、朝の時間帯と夜に測定すると必ず値が変わって来ます。

しかもだいぶ違うこともあるので、ご注意下さい。

違い過ぎる時間帯に計ると値に信頼性はない
体重と体脂肪率は何が違うの?
この二つの言葉は一見似ているようですが、全く別物です。この違いを知っていれば、お友達にもアドバイスできるようになりますよ。

詳しく:体重ではなくて、体脂肪率を気にすべき