コンビニで買える本格的な体作り食材は意外と多いし、脂っこい外食より絶対にオススメです。

炭水化物の選択肢が少ないかもしれないが、たんぱく質源はとても豊富です。よく考えて選べば、健康なおやつやお菓子まで買えます 

コンビニで買える炭水化物は2種類
おにぎり、ばなな
コンビニで炭水化物を買うなら、おにぎりとバナナがオススメです。

トレーニング前ならバナナ、朝食あるいはもっと腹持ちの良いものが必要な場合はおにぎりを買えば良いです。

コンビニで買える炭水化物:バナナとおにぎり
(注)麺類やスパゲッティなどももちろん炭水化物ですが、脂肪になりやすいから避けて欲しいです。

たんぱく質源はこれがオススメ
僕がまだ東京に住んでいた頃はよくコンビニでいろいろ買って、そして電車に乗っている間食べていましたね。

コンビニで手に入るたんぱく質をもっと詳しく見て行きましょう。

lisa siia全部揃っているPIC, et nt koik koos nagu 集合写真 

ゆで卵(1個=7gたんぱく質)
味付けゆで卵(100g当たり約13gたんぱく質)
これをおにぎりと一緒に食べるとさらに美味しいし、薄塩味が僕にとってポイントですね。卵は美味しいけど、小さい割には値段が若干高いのが弱点ですかね。

飲むヨーグルト(450ml=14gたんぱく質)
飲むヨーグルト
不思議なことに僕が好きなブルガリア飲むヨーグルトのプレーン味は他の種類(バナナ風味など)に比べて炭水化物含有量が約二倍高いです。

なので、炭水化物が多い理由でこの商品はトレーニング前後に向いています。炭水化物が多めなので、優れたエネルギー源ですね。

あと、蓋がついているから、僕は移動する時や少しだけたんぱく質補給したい時に使っています。

牛乳(500ml=17gたんぱく質)
牛乳
僕は乳製品が主食の国出身なので、コンビニでいつも500mlを買っています。牛乳の場合は脂肪率とマーカーはあまり気にしないけど、成分無調整であるかどうかは確認すべきです。

さけるチーズ(1本=7gたんぱく質)
さけるチーズ
チーズはたんぱく質に加えて、脂質も多く含んでいます。例えば、さけるチーズ1本当たりは6gです。ほぼたんぱく質量と同じですね。

脂質が多いというのは決して悪い事ではないです。消化に掛かる時間が長くなるだけです。

例えば、おにぎりとさけるチーズを一緒に食べるとかなり腹持ちの良い組み合わせとなります。

脂質が多い為、トレーニング前あるいは後にそれほどオススメはできませんが、朝食や昼食にナイスチョイスですよ。

サラダチキン(100g当たり24gたんぱく質)
サラダチキン
サラダチキンは間違いなくコンビニで買えるたんぱく質の最終兵器です。他の食材に比べてたんぱく質含有量はおおよそ二倍も多いです。

僕自身はサラダチキンをそれほど好まないが、周りのトレーナーさんやコンテストやボディフィットネス大会に出場している知り合いはこれを良く食べています。

甘い物が欲しくなったら?!
時々どうしても甘い物が食べたくなったりしますよね。トレーニングがちゃんとできていれば、甘いものを食べるのは問題ないと僕はお客さんにも言っています。

甘いものもOKだけど、まずしっかりと筋トレを頑張ろう
ただし、食べるタイミングと量に気をつけて下さいね。

僕が好きなお菓子は2種類しかないです。アーモンドチョコとマカダミアチョコレートだけです。甘いものに偏りがあるかも 

アーモンドチョコとマカダミアチョコレート
マカダミアチョコレートは一箱当たり脂肪は40gで、炭水化物は38gということを忘れてはいけません。

先ほど紹介しました他のものに比べてなかなかの数字ですけど、トレーニングと自炊を頑張っている人はたまに食べていいでしょう。