体づくりにコンビニ食は味方?【買うならこの食品を選べ!】-hakase

体づくりをしている方は自炊で自分にあった食事が一番ですが、実は手軽に買えるコンビニの食品も侮れません!

健康的でボディーのシェープアップを目指す方には、脂っこい外食をよりも、これから紹介するコンビニ食材がお勧めです。

どれがいい?コンビニで買うならこの食品!

何を食べようか考えている男性のイラスト

もちろん自炊するのが1番ですがコンビニ食品には、

本格的な体作り向けの食材が意外と多く、脂っこい外食より絶対にオススメです。

炭水化物の選択肢が少ないかもしれないが、たんぱく質源はとても豊富です。

しかし、どの食品がいいのか分からない方のために、コンビニのお勧めな食品を紹介します!

お勧めなコンビニ食
・おにぎり
・バナナ
・牛乳
・飲むヨーグルト(プレーン)
・ヨーグルト(気分転換に味付きもあり!特に筋トレ前に)
・卵(半熟、味付け、卵焼き)
・チーズ(ベイビーチーズやさけるチーズ)
・サラダチキン(迷ったらこれだね!)
・ドレッシング無しの各種サラダ(本格的な野菜効果は薄いけど、ゼロでは無い)
・新鮮な果物(高いから私は買っていないけど、是非どうぞ)
・プロテインバー(非常時のみ、笑)

この中から、代表的なものをいくつか詳しくご紹介します!

バナナとおにぎり(炭水化物)

ツナマヨネーズのおにぎりとバナナ一本
ツナマヨネーズのおにぎりとバナナ一本

コンビニで炭水化物を買うなら、おにぎりとバナナがオススメです。

トレーニング前ならバナナ、朝食あるいはもっと腹持ちの良いものが必要な場合はおにぎりを買えば良いです。

ヒント:麺類やスパゲッティなどももちろん炭水化物ですが、脂肪になりやすいので出来る限り避けて下さいね!

ゆで卵や味付け卵(タンパク質)

セブンイレブンの半熟卵と茹で卵と厚焼き卵
セブンイレブンの半熟煮たまご(左)と茹で卵(真ん中)と卵焼き(右)

タンパク質(1個):7g

この中で私が最も好きなのは写真の右にある卵焼きです。味も美味しいし、簡単に食べられます。

また卵をおにぎりと一緒に食べるとさらに美味しいし、薄塩味が私にとってポイントですね。

塩分は健康に良くないと言われているが、運動で大量の汗をかく人は筋肉が痙攣するのを防ぐにはちょっとした塩も必要です。

ヒント:ゆで卵などだと殻を剥いたりしないといけないので、移動中に食べるのが困難であるのが弱点ですかね!でも卵は最も良質なタンパク質なので、いつでも食べるべきですよ〜!

飲むプレーンヨーグルト(タンパク質)

ブルガリアの飲むヨーグルトプレーン味の写真
飲むヨーグルトプレーン味

タンパク質(100ml):3g
炭水化物(100ml):13g

不思議なことに私が好きなブルガリア飲むヨーグルトのプレーン味は、

他の種類(バナナ風味など)に比べて、なんと!炭水化物の含有量が約二倍高いです!

なので炭水化物が多いという理由で、この商品はトレーニング前後に向いていて、優れたエネルギー源ですね。

あと、蓋がついているから、私は移動する時や少しだけたんぱく質を補給できて嬉しいです!

ヒント:飲むヨーグルトは固形のヨーグルトに比べ、消化が速いので筋トレ開始前や途中で飲んでもOKですよ!

牛乳(タンパク質)

おいしい牛乳500mlと250mlのパックの写真
おいしい牛乳500ml(左)と100ml(右)

タンパク質(500ml):約17g
タンパク質(100ml):約3.5g

私は乳製品が主食の国出身なので、コンビニでいつも500mlを買っています。

牛乳の場合は脂肪率とメーカーはあまり気にしなくてもいいですが、成分無調整(種類別名称:牛乳)であるかどうかは確認すべきです。

私は北欧エストニア出身なので、子供の時から牛乳を良く飲んでいるので、500mlは問題なく飲めます。

しかし女性やそれほど牛乳が好きではない方は、小さいパックの牛乳にするか豆乳してもいいですよ!

サラダチキン(タンパク質)

セブンイレブンのサラダチキンプレーン味
セブンイレブンのサラダチキンプレーン味

タンパク質:24g
脂質と糖質:1g以下

サラダチキンの栄養素は凄い!減量食そのものです。

サラダチキンは間違いなくコンビニで買えるたんぱく質の最終兵器です。

他の食材に比べてたんぱく質含有量はおおよそ二倍も多いです。

私自身はサラダチキンをそれほど好まないが、周りのトレーナーさんや、コンテストやボディフィットネス大会に出場している知り合いはこれを良く食べていますね!

さけるチーズ(タンパク質と脂質)

さけるチーズプレーン味
さけるチーズプレーン味

タンパク質(1本):7g
脂質(1本):6g

このチーズは手軽に食べられるし、美味しいです。チーズはたんぱく質に加えて、脂質も多く含んでおり、おおよそ50対50の割合で入っているので最高です!

脂質が多いというのは決して悪い事ではなく、消化に掛かる時間が長くなるだけです。

例えば、おにぎりとさけるチーズを一緒に食べるとかなり腹持ちの良い組み合わせとなります。

ヒント:トレーニング前に脂質は不向きと思っている方もいますが、良い脂質はすぐにエネルギーに変わってくれますので、私はハードな筋トレ前に少し脂質を摂るようにしています。

もし脂質が心配な方は、チーズは朝食や昼食に取るのがナイスチョイスですよ。

ベビーチーズ(タンパク質と脂質)

ベビーチーズとスモークチーズ
ベビーチーズとスモークチーズ

タンパク質(1個):3g
脂質(1個):4g

ベビーチーズも時々食べています!色々な味がありますが、皆さんは何味がお好きですか?

私はいつも失敗のないプレーン味にしています。

サイズが小さいので、4個が私の一食です。

個包装になっているため、どこでも持って行くことができますし、小腹が空いた時も、おやつ代わりになりますね!

毎食コンビニの食べ物でも大丈夫ですか?

毎食コンビニはお勧めできません。

コンビニ食は食品添加物が多く栄養に偏りますし、値段も高めに設定されています。出来る限りコンビニ食だけに偏らないようにしましょう。

しかし、もちろん忙しい方でそうしてもコンビニ食だけになってしまう方もいると思います。

そんな方々向けに1日の献立(メニュー)を組んでみました。ぜひ参考にしてみて下さい!!

1食目(起床後)バナナ、おにぎり、飲むヨーグルト
2食目(朝食)おにぎり2個、ゆで卵2個
3食目(昼食)おにぎり1個、サラダ(ドレッシング無し)、サラダチキン
4食目(おやつ)ヨーグルト(プレーン)、ナッツ30g
5食目(ジムに行く前)おにぎり2個、さけるチーズ2本
6食目(筋トレ後)サラダチキン、サラダ(ドレッシング無し)

ただし、何度も言いますが自分で作る料理に勝るものはないことだけをお忘れずに。

ということで、コンビニは本当に一時的な対策に利用して下さいね!

私の普段の献立の作り方も以下の記事で紹介しています。

・体作りには自炊が一番!献立の作り方のコツスポーツトレーナーは普段何食べてるの?【献立を参考に作ってみよう】