【トレーニングは呼吸が大切!】正しい呼吸法と息を止めてはいけない理由-hakase

トレーニングをしてる際に、「息を止めないで!」なんて言われた経験はありませんか?

そんな時、どのタイミングで呼吸をすれば良いのか迷ってしまいますよね。

しかし正しい呼吸は筋力トレーニングに欠かせない要素です。

でも実は、皆さんが思っているよりも筋トレの呼吸は意外と簡単なのですよ!

この記事でトレーニング時の正しい呼吸やタイミングをしっかりと学んでいきましょう。

なぜ筋トレ時に息を止めてはいけないの?

トレーニング時に、もっともやってはいけないことは呼吸を止めること。

重い負荷を持ち上げようとするときに息を止めると、力が入りづらくなり、かえって上がり辛くなります。

さらに、スクワットやレッグプレスのような大きい筋群が主導筋である種目は、息を止めると血圧が上がり過ぎたり、立ち眩みがひどくなる場合があります。

そのため、早い段階で正しい呼吸のテクニックを身につける必要があ。

ヒント:一時的に呼吸を止めるテクニックもありますが、ビギナー向けではありませんのでご注意ください。

もしも筋トレ中に目眩や立ちくらみがしたら?

汗をかいて体調が悪そうな男性のイラスト

普段は平気なのに、高負荷でトレーニングをする時に症状が現れる場合は、しっかりと息が吸えていないことが理由の1つとして考えられます。

しっかりと息を吸えていないので、体内で酸素不足が生じてしまうのです。

こう言う場合は少しゆっくりと細く長く吐くようにしてみましょう!

注意:体調不良の原因は多岐にわたります。問題が解決しないようであれば、直ちに医師にご相談ください。

トレーニング時の正しい呼吸の方法

トレーニング時の正しい呼吸は、負荷を持ち上げる際に息を吐いて、戻すときに吸います。

下記で正しい呼吸方法をショルダープレスを例としてご説明します!

ぜひ参考にしてみてください。

力を発揮するときに息を吐く

ダンベルショルダープレスで持ち上げてる様子

力を発揮するときに息を吐きましょう!

しっかりと息を吐くと体が安定し、力を出しやすくなります。

実は武道などで全力で技をかける時に大きな声を出すのも、こうした理由があるためですよ!

しかし、ジム内であまり大きな声を出すのは控えましょうね。

※完全に息を止めてしまうと、血圧が上がり失神してしまうことがあるので注意。

ゆっくりと元に戻すときに息を吸う

ダンベルショルダープレスで下ろしている様子

ゆっくりと大きく息を吸いながら行いましょう!

種目にもよりますが、だいたい3カウント(3秒くらい)を目安にすると良いでしょう。

息はしっかりと吸うことで、吐くことができますよ!

ヒント:呼吸法は、初心者の方は難しいかもしれませんので、まずはあまり難しく考えず、自然に呼吸をしてみましょうね!

トレーニング時の呼吸のまとめ

・正しい呼吸は筋力トレーニングに欠かせない要素
・力を発揮するときに息を吐く
・ゆっくりと元に戻すときに息を吸う
・高負荷でトレーニングは過呼吸が一つの理由

呼吸は血圧のコントロールや、姿勢、体幹の安定に大きく関わっていますので正しい呼吸で行ましょうね!