種目名

Tバーツイスト

 

効く部位

脇腹・背中

姿勢の改善

 

器具

ラック

Tバー

 

トレーニング前/器具の調整

・     Tバーのセットの仕方

 

フォームとポイント

①    Tバー持ち上げ、指が天井を向くように持ち替えます。

・     両手が隣り合うようにTバーを持ちます。

・     手はTバーの端を持つようにします。端をカバーするように持つ事で、腕を曲げた時にT バーが顎に当たるのを防ぎます。

・     両手は重ねないようにして持ちます。重ねると手からTバーが落ちる可能性があり危険です。

②    足は肩幅かより広めにします

・     足の位置はTバーを床に置いた時の先端辺りです。

・     T バーから足が離れ過ぎないようにしましょう。あまりに離れると倒れる危険性があるのと、力が肩にかかってしまいます。

・     膝は少し曲げます。

・     体は直立(前屈みにはならない。前屈みになると腰に負担がかかる。前屈みでさらに捻る動作は、さらに腰に負担がかかる)

③    肘を上に伸ばし右に(左でも良い)倒します(スタートポジション)

・     肘は伸ばしきらないようにします。伸ばしきると動きが硬くなり、さらに肘に負担がかかってしまいます。

・     肘を少し曲げれば、肘も守られる上に脇腹と背中が効率的にトレーニングできます。

④    腕を反対側に倒していきます

・     カウント方法は、右に倒しきったら1、左に倒しきったら1。

・     手は円を描くように動かします。

・     力のない方は最初は動きが楕円形/山形でも構いません。

・     手が脚に触れるぐらい完全に倒し切りましょう。

・     左右に倒す時に足の位置が動いたり、踵を上げたりしないようにします。足が同時に動いてしまうと脇腹に力が入らなくなり(脇腹の動きが少なくなる)効果が薄れてしまいます。

⑤    繰り返します

 

トレーニング後/マシンの調整

・     Tバーの戻し方

 

よくある質問

Q:

A: