ここで紹介する野菜スープを私は長年愛食しています。グルメの方から見ればそんなに凄いスープではないかもしれないが、一食でかなりの量の野菜が取れてて、食物繊維が不足する心配はありません。

(※)トップ画像に写っている野菜スープはタンパク質を摂取する為に鶏肉(150g)とアボカド(半分)を入れています。アボカドがあれば体に優しい脂質も取れるからです。食事の場合はやっぱりバランスが一番大事です。

誰でも簡単に作れる食物繊維一杯の野菜スープ

  • step 1: 野菜を切る
  • step 2: 野菜を鍋に入れて煮込む
  • step 3: 食べる

この野菜スープを作るには必要なステップはたった2つだけです。準備には約10分、煮込むには30~50分で十分です。本当にそれだけです。

まず野菜を準備をしましょう

このスープの最も凄いところは、どんな野菜でも作れるという点です。私も旬や気分に合わせて野菜を変えたりすることもありますが、基本的には写真の通りの野菜をメインに使っています。

野菜スープの為の野菜

必ず大根や人参とキノコ類を入れています。ここ最近エノキにはまっています。玉ねぎはちょっとした味や食物繊維を摂取する為に入れています。ちなみに私はいつも栄養のことを視野に入れて作っているから、なぜこの野菜を使ったかはすぐに理由まで言えます。今までいろいろ相当試してきたからです 🙂

お勧めの野菜

  • 大根(毎回入れています)
  • 人参
  • ジャガイモ
  • かぼちゃ
  • エノキ(毎回入れています)
  • 玉ねぎ
  • キャベツ

)私は大きい鍋で4~5日分を作るから、上記の写真に載っている野菜は全て使っています。

step 1: 野菜を切りながら、水が湧くのを待つ

スープのベースに使っているのは普通のスーパーで売っている味噌です。大きい鍋に約1リッター水を入れてからおおさじ一杯味噌を入れています。これが湧いてくるまでの間は野菜を切ったりしています。

スープのベースに味噌を使っています

塩分を含む味噌は特に暑い夏にありがたい調味料です。ちなみに、野菜を普通の水に入れて煮込んでもOKです。野菜そのものの本当の味が出てくるから試してみる価値があります。

人参とジャガイモ

人参にはビタミンAが多くて、ジャガイモはカリウムを含んでいます。

エノキ

食物繊維をできるだけ増やすために、エノキやその他のキノコ類を必ずスープに入れるようにしています。

・step 2: 野菜を鍋に入れる

鍋に野菜を全部入れておきます

そう!鍋にこんなに山盛りになるくらい野菜を入れます。だって、野菜は煮込むと小さくなるから、これくらいの量でも余裕です。ちなみに、キノコが茹であがるにかかる時間はほんの数分なので絶対に先に入れないようにしましょうね。まあ、入れても良いけど、後悔します。

)更に美味しいスープを作りたければ、味噌を入れると同時に乾燥わかめも入れると良いですよ。海藻だからミネラルも摂れます。

・step 3: 出来上がりです!後は食べるだけですよ

タッパに作りためた野菜スープ

私はこのようにスープをタッパに入れて保存しています。冷蔵庫で6日間も持つので便利です。

もちろん美味しいスープの作り方はいろいろあると思うんですが、私はいつも野菜そのものの味を活かせるように料理を作っています。そうすれば栄養も満点です。