炭水化物は人間のもっとも重要かつ簡単に利用できるエネルギー源としての役割に加えて、筋肉をカタボリック(筋肉の分解・異化)から守る働きまでしてくれます。なので、体が正常に働くには欠かせない大切な栄養素です。

数年前までは痩せたければ炭水化物ではなくて脂肪は抜くべきと言われていたことは覚えていますか?

まあ、どちらも重要な栄養素なので、抜くと体に必ず何らかの影響が現れるはずです。

)私は大学生の時に脂肪を1週間ほど抜いてみたら心臓が痛くなりました。無炭水化物減量によるリバウンドが怖くて、私は炭水化物を短期間しか抜いたことはありませんが、まずとにかく疲れやすくていつでもイライラするようになったことは覚えています。集中力が低下し過ぎるからあまり仕事になりませんでした。

糖質制限による痩せる効果は微妙

早く痩せたい方が多いので、結論を先に言って置くと・・・

早く痩せる効果はそれほどないが、早く体重を落とす効果はあります。

体重だけ落としたいのであれば炭水化物(糖質)を制限することで、体重減は既に翌日に実感できます。短期間で2~3キロは簡単に減ります。しかし、物凄いリバウンドに繋がります!!!タイヤメーカーのミシュラン社のあの白い色のロゴのように太っているエイリアンっぽい人間になってしまいます。

痩せたかと思ったら、通常の食事(炭水化物を食事に戻した)を食べ始めた数週間で前より太ってしまったという話は良く聞きます。その理由はそこにあります。

残念ながら、上述した短期間で数キロの体重減は体脂肪が減ったという意味ではなくて、体内にある水分や筋肉が減ったことによるものだけであり、脂肪はそのままですよ!なぜかというと炭水化物に保水効果があるので、制限することで体内にある水分も減っていく訳です。

繰り返しますが、炭水化物を抜くことによる効果はあくまで体重減なので、減るのは筋肉と水分だけです(体脂肪はそのまま)。今まできつく感じたズボンが少し履きやすくなる程度の効果です。健康的に痩せたい人やリバウンドを避けたい方は炭水化物を抜くことで体重減より失うことが多いです。

脂肪はそのまま残っており、引き締まった感は全くない。前よりも脂肪が気になるようになる。なぜならば、体の形を作る筋肉がないからです。

ちなみに、筋肉が減れば減るほど基礎代謝も低下します。結果的に今よりもさらに痩せにくい体質に変わっていきます。

筋肉落としても痩せたい

私は誰かのお母さんあるいはお父さんではないので「ダメですよ!あるいはこうして下さい」と言えないが、極端なダイエットで筋肉を落とす前に次のことを考えてみてください。

  • 筋肉を戻すには10倍以上の努力が必要!!!

)一旦失った筋肉はなかなか戻らないので、最初から落とさない方が賢いです。なぜならば、筋肉というのはつくものではなくて、ハードなトレーニングで肥大させていくものであるからです。

欧米人のボディラインの秘密

日本人の方は欧米人の体型に憧れていますが、アジア系と欧米人の体型の違いは筋肉の量です。欧米の人はタンパク質を豊富に含む食事と筋トレでそのボディラインを維持しています。炭水化物を抜いたダイエットの効果ではありません。

私も子供頃おばあちゃんに「あなたは成長するにもっとタンパク質を食べなさい!」と言われながら、卵、チーズや肉が毎日食べさせられました。

人種の差ではありませんので、ご安心下さい!本当に食事と筋トレといったごく小さな差ですよ。

日本人の方でも正しい食事やトレーニングで綺麗なボディラインを手に入れることができます。もしあなたも格好良い体になりたいのなら、筋肉をつけるしかないです。ここで筋肉をつけるというのはボディビルダーになるという意味ではなくて、綺麗なボディラインを強調するようなレベルの話です。筋肉があれば、綺麗なボディラインに加えて基礎代謝も上がるから、体脂肪も自然と減っていくから一石二鳥ですよ。

激痩せした骨と皮膚だけのボディに魅了される異性の人はいない!みんなやっぱり綺麗でセクシーなボディラインに目が行ってしまうよね。