過度な食事制限がリバウンドの元!未然に防ぐための3つの方法

ダイエットにおいてリバウンドは1番の大敵ですよね。

『サラダだけの食生活で痩せたけどすぐに元の体重に…』きちんと、食事に気を付けていても結果的にリバウンドしてしまったなんて経験はありませんか?

これは間違ったダイエットによる結果として、体重(脂肪)が戻ってきてしまうのが原因です。

しかし安心してください。体の仕組みを徹底的に理解すれば、リバウンドは未然に防げるのです!

今回の記事ではリバウンドが起きる原因と未然に避ける方法をご紹介します。

過度な食事制限がリバウンドの元

皆さんの中に『食べると太るから、なら食べずに絶食を行えば良い!!!』
とサラダのみ生活や、断食などの極度の食事制限を行なっている人はいませんか?

実はその食事制限がリバウンドそのものに繋がっているのです。

リバウンドは極端な食事制限に対して体が示す防衛反応です。

人間はとても複雑な生き物であり、生命維持に多くの機能が備わっています。
なので食事を制限し始めると、体は自分を守るために、省エネモードに切り替わります。

要するに、生命維持に直接関わっていない機能をOFFにすることで体内で節電のようなことが行われます。これは人間の進化の過程でプログラミングされたことであり、無視はできない防衛機能です。

そう!食事制限が厳しければ厳しいほど、リバウンドも大きいのです!

過度な食事制限の野菜サラダのイラスト

体脂肪ではなく筋肉が減少する?!

でも、シンプルに考えれば食事を減らした分、体脂肪も減るはずですよね?

しかし食事を極端に減らしても、体脂肪ではなくて筋肉が減り始めるのです。
先に筋肉が分解され、エネルギーとして利用されるのです。

体脂肪ではなく、筋肉が先にエネルギーとして使われる理由は

人間の脳が、筋肉よりも体脂肪は重要なエネルギー源だと考えているからです。

なので残念ながら、上記の仕組み(節電モード)があるため、体脂肪だけを落とすのは難しいのです。

ヒント:筋肉が分解され、エネルギーとして利用されることを、カタボリック状態と言う

じゃあ筋肉が減るとどうなるの?

過度な食事制限によって筋肉が減った分、基礎代謝も下がります。
そして、脂肪を燃やしにくい(痩せにくい)体質に変わっていきます。

代謝が下がっているため、通常の食事に戻した際に、カロリーオーバーが発生してお腹周りに脂肪が蓄積し始める。

そう、これがリバウンドの仕組みなんです!

ヒント:代謝を決めるのは筋肉の量であり、多ければ多いほど代謝は高くなる。

リバウンドを未然に防ぐ3つの方法とは?

リバウンドストップの標識のイラスト

方法1:体脂肪を燃やすには運動

脂肪は非常時にしか使われないエネルギー源です。

脂肪を減らしたければ、食事制限ではなく、運動しか効果的な方法はありません。

つまり脂肪に含まれているエネルギーで、体を動かして行けば
効果的に減っていきますし、リバウンドもありません!

質問:運動をしてるのに体重が減りません。なぜですか?

体重よりも体脂肪率に注目しましょう!

体重は本当に単なる数字にしかなりません。なぜならば、骨、内臓、筋肉や脂肪まで
体重に含まれるからです。

ボディラインを決めるのは筋肉の量であり、脂肪が多ければ多いほどボディラインが
無くて、体が太っているように見えます。
体脂肪が減り、筋肉がつけばボディラインが美しくなり、体も格好良く見えますよ!

こちらの以下の記事も参考にしてみて下さい。

ヒント:同じ体重の人でも、体脂肪によって見た目も違ってくるので、体重より体脂肪率に注目すべき。

方法2:筋肉量を増やし、基礎代謝をあげる

トレーニングで筋肉量を増やし、基礎代謝をUPしましょう。

基礎代謝が高い方は、脂肪を燃焼しやすい体質になっています。
だから、ちょっと食べすぎても問題はありません。

基礎代謝は筋肉の量で決まるから、ダイエットを指導するトレーナーが先に筋肉をつけるようなトレーニングを指導してくれる理由はそこにあります。

しかし、厳しい食事制限で筋肉は簡単になくなる物なので、痩せない体になってしまうので注意!

ヒント:基礎代謝というのは何もしないで消費されるエネルギーのことを指します。つまり、基礎代謝が高ければ高いほど、何もせず座ったままでも多くのエネルギーが消費されることになる。

方法3:食事制限と運動と組み合わせる

正しい運動と適度な食事制限の組み合わせが1番効果的です!

食事(特に炭水化物)を極端に減らすより、運動と組み合わせて痩せる努力をしたほうが後のことを考えれば楽なんです。

しかし、結果が出るまで時間が掛かるため、多くの方は途中で挫折をしてしまいます。

だから、保水効果のある炭水化物(糖質)を抜くことで、だった数日間でも体重減を実感できるため、みんな間違った糖質制限ダイエットなどを行うのです。

ですが、そこで目先の利益より後のことを考えましょう

つまり、リバウンドで倍以上に太ってしまうことを考えれば、やっぱり
ゆっくりと運動と食事制限を組み合わせたやり方を選んだ方がお得かと私は思います!

継続が一番!効果は3か月以降に現れる!

ある本にもとても良いことが書いてありました。

早く痩せたい人や早く筋肉をつけたい人のほとんどは3か月未満でドロップアウトしてしまうというのは本当に残念です。
だって、3~4か月経過したところで、やっと筋肉が太くなり始め、効果も少しずつ顕著化して来ます。

これ、私も同感です!

春に田植えをしても一週間後に収穫ができるわけがなく、やはり数か月掛かるよね。

たった一週間ではお米を収穫できないのだから、短期間での激やせも難しいですよ!

リバウンドについてのまとめ

過度な食事制限は、体脂肪ではなくて筋肉が減り始め、筋肉と基礎代謝の減少により、リバウンドが起きてしまいます。

リバウンド防ぐには、コツコツと日々のトレーニングを継続して筋肉量を増やすことが1番の近道です。

正しいトレーニングを行えば、体脂肪が減少するのに加えて、基礎代謝も上がっていくので、一石二鳥ですよ!
さあ、一緒にトレーニング頑張りましょうね!