リバウンドは極端な食事制限に対して体が示す反応のことです。食事制限が厳しければ厳しいほどリバウンドも大きいです。

リバウンドを避けるにはその仕組みを理解する必要があります。

シンプル過ぎる太る仕組み、複雑すぎる痩せる仕組み
食べすぎると余分な脂肪がお腹周りに溜まり始めるのです。痩せたいなら逆のこと、つまり絶食を行えばいいと思うが、実はそれは間違った考え方です。

人間はとても複雑な生き物であり、生命維持に多くの機能が備わっています。なので、食事を制限し始めると、体は自分を守るために、省エネモードに切り替わります。

生命維持に直接関わっていない機能をOFFにすることで体内で節電のようなことが行われます。だから、食事を極端に減らしても体脂肪ではなくて筋肉が減り始めるのです。

筋肉を分解し、エネルギーとして利用することをカタボリック状態(筋肉の分解・異化)と言います。

体脂肪に代わって筋肉がエネルギー源として利用
体脂肪というのは、筋肉よりも重要なエネルギー源だと脳が考えています。これは人間の進化の過程でプログラミングされたことであり、無視はできないです。

もし仮に痩せる仕組みは太る仕組みと同じようにシンプルであれば、食事を減らした分体脂肪も減るはずですが、残念ながら上記の仕組みがあるから現実はそんなに甘くないです。

筋肉の減少とともに基礎代謝も低下していきます
筋肉が減った分基礎代謝も下がっていきます。基礎代謝は何もしないで消費されるエネルギーのことですので、高ければ高いほど座ったままでも多くのエネルギーが消費されることになります。

筋肉量で基礎代謝が決まる
基礎代謝が高い方は、脂肪を燃焼しやすい体質になっています。だから、ちょっと食べすぎても問題はありません。

炭水化物(普段の食事)を戻すとリバウンドになる
長期にわたる食事制限の結果、体は脂肪を燃やしにくい体質に変わっていきます。失われた筋肉の分代謝も下がっているのです。

代謝が下がっているから通常の食事に戻した時、カロリーオーバーが発生し、お腹周りに脂肪が蓄積始めます。これはなリバウンドの仕組みです。

リバウンドを防ぐにはどうすればいいですか?
数行で書ける簡単なアドバイスはあればいいのですが、まずはその仕組みを理解するところから始めれば、未然に失敗は防げます。

早い体重減より、基礎代謝を上げる方法を探そう
なので、食事(特に炭水化物)を極端に減らすより、運動と合わせて痩せる努力をしたほうが後のことを考えれば楽です。

トレーニングのお陰で体脂肪減少に加えて、基礎代謝も上がっていくので、一石二鳥のほうが良いでしょう!