リバウンド、リバウンド、リバウンドとみんな言っているけど、「リバウンドって何~」と思ったことはありますか?痩せたいのならこの言葉の意味を知るだけで不十分であり、必要なのはリバウンドの仕組みを理解することです。カタカナで書かれている外来語だから魅了されやすいよね(笑)。

リバウンドというのは、間違ったダイエットの結果として体重(脂肪)が戻ることです。もっと詳しく言えば、

リバウンドは極端な食事制限に対して体が示す防衛反応のことです。食事制限が厳しければ厳しいほどリバウンドも大きいです。

リバウンドを避けるにはその仕組みを徹底的に理解する必要があります。

シンプル過ぎる太る仕組み、複雑すぎる痩せる仕組み

わざとこの格好良いタイトルを付けました。でも、まさに文字通りです。みんな、痩せる仕組みが簡単だと思っていますが、現実はそんなに甘くないですよ。

簡単なのは太ることだけです。特別な知識がなくても誰でも太ってしまいますよね。しかし、痩せるには体の仕組みを理解する必要があります。食事を制限するだけでは、リバウンドを繰り返すことになるだけです(泣)。

食べすぎると余分な脂肪がお腹周りに溜まり始めるのです。痩せたいなら真逆の事、つまり絶食を行えば良いと思うかもしれないが、実はそれがリバウンドそのものに繋がってしまいます。

なぜならば、人間はとても複雑な生き物であり、生命維持に多くの機能が備わっています。なので、食事を制限し始めると、体は自分を守るために、省エネモードに切り替わります。要するに、生命維持に直接関わっていない機能をOFFにすることで体内で節電のようなことが行われます。だから、食事を極端に減らしても体脂肪ではなくて筋肉が減り始めるのです。脂肪は非常時にしか使われないエネルギー源なので、減らしたければ、食事制限ではなくて、運動しか効果的な方法はありません。つまり脂肪に含まれているエネルギーで体を動かして行けば効果的に減っていきますし、リバウンドもありませんよ。

筋肉が分解され、エネルギーとして利用されることはカタボリック状態(筋肉の分解・異化)と言います。

体脂肪に代わって筋肉がエネルギー源として利用されるのがリバウンドの原因の一つ目

体脂肪というのは、筋肉よりも重要なエネルギー源だと脳が考えています。これは人間の進化の過程でプログラミングされたことであり、無視はできない防衛機能です。もし仮に痩せる仕組みが太る仕組みと同じようにシンプルであれば、食事を減らした分体脂肪も減るはずですが、残念ながら上記の仕組み(節電モード)があるからなかなか難しいです。

余談ですが、大昔みんな自分で食べ物を作ったりしなければならない時代は太っている人ほど美人・美男だと思われていたそうです。昔の貴族の絵画などを見れば一目瞭然です。ヨーロッパの王様はほぼみんな太っていた印象を受けます。実際は太っていなかったかもしれないが、絵画はそうなっています(笑)。

筋肉の減少とともに基礎代謝も低下するのがリバウンドの原因の二つ目

筋肉が減った分基礎代謝も下がっていきます。基礎代謝というのは何もしないで消費されるエネルギーのことを指します。代謝が高ければ高いほど座ったままでも多くのエネルギーが消費されることになります。基礎代謝が高い方は、脂肪を燃焼しやすい体質になっています。だから、ちょっと食べすぎても問題はありません。

代謝は筋肉の量で決まるから、ダイエットを指導するトレーナーが先に筋肉をつけるようなトレーニングを指導してくれる理由はそこにあります。しかし、厳しい食事制限で筋肉は簡単になくなる物なので、永遠に痩せなくなってしまいます。

代謝が速いというのは、代謝が高いと同じ意味です。代謝の速さを決めるのは筋肉の量です。同然ながら多ければ多いほど良い。

炭水化物(普段の食事)を戻すとリバウンドになる

長期にわたる食事制限の結果、体は脂肪を燃やしにくい体質に変わっていきます。失われた筋肉の分代謝も下がっているのです。代謝が下がっているから通常の食事に戻した時、カロリーオーバーが発生し、お腹周りに脂肪が蓄積始めます。これがリバウンドの仕組みです。

炭水化物を抜けば、リバウンドする!サツマイモ、お米やバナナは炭水化物

ダイエットが終わった時、通常の食事に戻るとなんとリバウンドが発生してしまいます。炭水化物が悪いのではなくて、やり方に問題があります。写真に写っているサツマイモ、お米とバナナは良質な炭水化物であり、遠慮なく食べるべきです。

リバウンドを防ぐにはどうすればいいですか?

数行で書ける簡単なアドバイスはあればいいのですが、まずはその仕組みを理解するところから始めれば、未然に失敗は防げます。

早い体重減より、基礎代謝を上げる方法を探そう

なので、食事(特に炭水化物)を極端に減らすより、運動と組み合わせて痩せる努力をしたほうが後のことを考えれば楽です。ただし、時間が掛かるから、多くの方は途中で挫折をしてしまいます。だって、保水効果のある炭水化物を抜くことでだった数日間でも体重減を実感できるからみんなそれを選ぶのです。ですがそこで目先の利益より後のこと、つまりリバウンドで倍以上に太ってしまうことを考えれば、やっぱりゆっくりと運動と食事制限を組み合わせたやり方を選んだ方がお得かと私は思います。

ちなみに、ある本にもとても良いことが書いてありました。早く痩せたい人や早く筋肉をつけたい人のほとんどは3か月未満でドロップアウトしてしまうというのは本当に残念です。だって、3~4か月経過したところで、やっと筋肉が太くなり始め、効果も少しずつ顕著化して来ます。私も同感です!だって、春に田植えをしても一週間後に収穫ができるわけがなくて、やっぱり数か月掛かるよね。たった一週間ではお米を収穫できないのだから、早い激やせも無理でしょう(爆笑)。

トレーニングのお陰で体脂肪が減少するのに加えて、基礎代謝も上がっていくので、一石二鳥のほうが良いでしょう!