ショルダータッチ(体幹トレ)

  • 英語名: shoulder touch
  • 主働筋: 体幹(腹筋、腹斜筋や脊柱起立筋)
  • 器具: なし
  • 初心者: YES
  • 難易度: ☆☆☆☆
  • 効果: コアをサポートする全ての筋肉を満遍なく鍛える

体幹全体が鍛えられる

四つん這いの状態で片腕を上げて、反対側の肩にタッチするのは至難の業です。
腕を上げた瞬間、腹筋をはじめとするコアマッスルが働き始めます。

1セット20回が目安

まずは1セット20回ができるようになりましょう。ショルダータッチのレベルアップ種目は体幹バランスも鍛えられるダンベルプッシュアップです。

体は斜め一直線をキープ

ショルダータッチを行う時の正しいフォームは板のように真っすぐになったコアです。腰が上下に逃げないようにします。

正しいフォーム

解説

  • 両手を肩幅に開きうつ伏せになります
  • 胸をはり、肩甲骨を下げて体幹を安定させます
  • 自然に呼吸をしながら片手で反対側の肩に触れ
  • 交互に繰り返します

< 注意 >

  • 腰が上下に逃げない
  • 難しければ両膝をつく

Q & A

肘や手首、腰が痛い!

「このショルダータッチをはじめとする欧米から広まった自体重エクササイズの多くは、とてもエキサイティングで私たちのチャレンジ精神をかき立てます。しかし、気をつけないと間違ったフォームによって関節を痛めてしまうのです。

体幹トレーニングは初心者にもおすすめしたい種目ではありますが、スタートの姿勢で体幹の安定が得られていなければ効果は全てマイナスです。動いてみれば勝手に体幹が反応する人もいますが、残念ながら多くの人がそうではありません。普段から使っていないため、眠ってしまっているのです。

肘や手首、腰が痛いという方は、そこが弱いという安易な判断をしないほうがいいでしょう。弱いのではなく、今ある筋肉が上手く使われない姿勢や動作に問題があるのです。」

2018-07-02T21:13:04+00:005月 30th, 2018|