18時、または遅くても20時以降に食べると太りやすいと信じている人が大勢いるそうです。私の知り合いの中にもそういう女性の方がいます。なぜ、そう思うのか?と質問すると、「なんとなく」と答えます。彼女の知り合いや友達もそう思っている方が多いそうです。

実は、時間は関係ない!

科学的に言うと、時間は関係ありません。何時に食べても痩せることはできますし、太ることもできます。ただし、朝の時間帯は基礎代謝が高いのは事実です。夜になるにつれて代謝が下がっていきます。それをコントロールしているのがいわゆる「体内時計」。夜に連れて代謝が下がったとしても、18時や20時といった時間帯には大きなマジックはありません。それよりも大事なのは・・・

時間帯より大事なのは、食後の活動量

言い換えれば、食べた後に何をするかによって太るか太らないのかが決まるということですね。もし夜遅く食べた後、ジムに行って運動すれば、太るリスクは少ないでしょう。逆に、食べた直後に寝れば太るのは当然です。大事なのは時間帯よりも食後に何をするかということですね。

活動量に応じて、食事の内容を決めよう

夜運動したり、たくさん動いたりしていれば、18時以降に食べても問題はありませんが、食事の内容に要注意(笑)

スポーツ選手は食後の活動量に応じて食事の内容を決めています。トレーニング前なら、多めに食べたり、就寝前なら控えめにしています。基礎代謝が高い朝もうまく活かしているのです。また、寝ている間(約6~8時間)体は何の栄養素もなく、体内に蓄えているエネルギーを消費していかなければなりません。なので、朝は体内でアミノ酸をはじめとする栄養素の不足が起きています。だからこそ、多めに摂取しても体脂肪に変換されず、体作りに使用されていくのです。これは朝食を摂る最も大きなメリットでもあります。

スポーツ選手は食後の活動量に応じて食事の内容を決めています。トレーニング前なら、多めに食べたり、就寝前なら控えめにしています。基礎代謝が高い朝もうまく活かしているのです。また、寝ている間(約6~8時間)体は何の栄養素もなく、体内に蓄えているエネルギーを消費していかなければなりません。なので、朝は体内でアミノ酸をはじめとする栄養素の不足が起きています。だからこそ、多めに摂取しても体脂肪に変換されず、体作りに使用されていくのです。これは朝食を摂る最も大きなメリットでもあります。