カルシウムは骨を強くするために重要なミネラルです。残念ながら意識してカルシウムを豊富に含む食材を献立に入れない限り誰でも不足しがちなミネラルでもあります。カルシウムが不足してくると、骨折しやすくなるのはいうまでもないが、歯までもろくなっていきますので、ご注意ください。

運動をしている人や、多く汗をかく人(運動あるいは暑いところに長時間いなければならないから)はそうではない人に比べてさらにカルシウムの摂取量を増やすべきです。

カルシウムを必要としているのは、骨と歯だけではありません。カルシウムは神経伝達や筋線維収縮、そしてホルモンや酵素の働きにも関わっています。なので、非常に重要なミネラルです。

簡単に多くのカルシウムを摂取できる食材リストを作成しましたので、献立を作る際役立てれば幸いです。リストを作るときはもちろん日本で簡単に手に入る食材のみにしました。

  1. プロセスチーズ 630mg
  2. モッツァレッラチーズ 575mg
  3. イワシ(丸干し) 440mg
  4. ケール 220mg
  5. アーモンド 210mg
  6. ヨーグルト 120mg
  7. 豆腐 120mg
  8. 牛乳 110mg
  9. オクラ  90mg
  10. 枝豆 76mg
  11. 大豆 70mg
  12. ほうれん草 69mg
  13. 落花生 50mg
  14. ブロッコリー 33mg

まとめ

  • カルシウム不足は骨だけではなく歯まで影響を与える
  • カルシウムは神経伝達、筋線維収縮に加え、ホルモンや酵素の働きにも関わっている
  • 牛乳を飲むだけではカルシウム不足を解消するのは難しいので、野菜からも摂取するようにしましょう