運動効果を引き出すトレーニングの7原則とは?【詳しく解説】-hakase

運動を始めたら知って欲しいトレーニングの七原則

トレーニングの効果を最大限に引き出すトレーニングの7原則があります。これから運動をはじめようとしている人や、すでに取り組んでいる人にも知っておいて欲しい法則です。これに従ったトレーニングは最大限に引き出され、長期的な変化を実感できます。これらを無視したトレーニングであると…

週一回のトレーニングでいい?週一でも得られる効果と効率的な方法-hakase

淡い赤の背景に白文字のタイトルと女性がダンベルを持って筋トレしているイラスト

『運動したくても仕事が忙しくて、週1回しか時間が取れない‥』と諦めていませんか? 実は、週一回のトレーニングでも充分な効果は得られます! 今回の記事では、週1回の筋トレの効果と効率的なトレーニング方法についてご紹介します。しかし注意しなければならない重要なポイントがあり…

セット数が多ければ良いわけではない!?【適切なトレーニング量の設定】-hakase

黄色の背景で女性がトレーニングしているイラストとタイトル

『たくさんの回数をやればムキムキになれる!』そう考えていませんか?セット数が多いトレーニングが、必ずしも高いトレーニング効果をもたらすわけではないことが研究で明らかになっています。昔はセット数が多ければ多いほどトレーニング効果も高くなると考えられていました。だがしかし…

筋トレはどのくらいの負荷で行えば良いの?【負荷は重さだけじゃない!】-hakase

オレンジの背景に10キロの重りのイラストと白のタイトル

負荷(重量)はトレーニングの効果を決める上でもっとも重要です。では、その負荷はどのように決めたら良いのでしょうか。負荷が軽すぎる場合はトレーニング効果は得られなくなり、あまりにも重いと怪我やオーバートレーニングの恐れが高まります。トレーニング強度は単純に、バーベルやダ…

なぜ筋トレは可動域が狭いとダメなの?【可動域の重要性と柔軟性の関係】-hakase

女性がバーベルトレーニングしているイラスト

この記事では、可動域の重要性と正しい可動域についてわかりやすくご説明します。トレーニングにおいて可動域(動作範囲)はかなり重要です。 しかし日々トレーニングに励んでいるトレーニー達でも忘れがちで可動域が狭くなっている場合が多くあります。 正しい可動域は、関節や筋肉が許…

筋肉痛は筋肉が壊れているわけではない?!【筋肉損傷ではない理由】-hakase

筋肉痛は筋損傷ではない

『筋肉痛は筋損傷がおきているから』と聞いたことはありませんか?しかし、実は筋肉痛は筋肉が壊れたわけではないのです。そして、筋肉痛がひどければひどいほど筋肉がボロボロになっているという意味でもありません。まだ測定技術や運動生理学に関する研究が進んでいなかった大昔に考えられ…

毎日の筋トレは意味がない?!現実的かつ効果的なトレーニング頻度とは-hakase

ダンベルトレーニングしている男性のイラストとタイトル

毎日ジムに通い詰めている人がいます。しかし、その毎日の努力は実はあまり意味がないかもしれません。現実的かつ効果的なトレーニング頻度とは週1~2回です。たった週1回のトレーニングでも充分な効果が得られます。 トレーニングには、休養や適切なトレーニング頻度、何より質が大切…

休めばパワーが上がる!トレーニングには休養が大切な理由【筋疲労の見分け方】-hakase

充電マークと拳のイラストと赤いタイトル

体が疲れていることに気がつかず、毎日トレーニングしていませんか?実は休養を取らない人が多く真面目な人ほどジムに向かってしまうのです。 最近になって休養の大切さは注目を浴びるようになりました。この記事では、休養や筋疲労の見極め方について紹介します。体づくりの三本柱は…

トレーニングの一番効果的な長さと時間帯は何時?【同じ曜日と時間の習慣】-hakase

黄色の時計のイラストと赤いタイトル

運動を行う時間と長さは人それぞれですが、実はトレーニングに効果的な理想の目安時間と時間帯があります。 1日の中で一番力が発揮しやすい時間帯は午後の13~15時といわれており、筋トレ+有酸素運動を行うのであれば全体で90分ぐらいを目安にしてみましょう。 それ以上の …

目的に合ったインターバルの最適な長さとは【効果の違いはあるの?】-hakase

タイマーと女性のイラストと白のタイトル

たかが数十秒の休息ということなかれ、実はトレーニングの結果を大きく左右するのが、このインターバル。 インターバルは、自分の目的とする効果によってインターバルの長さを変える必要があります。初心者の方はどれくらい、またはどのタイミングで取れば良いのか分からないですし、取らな…